• HOME
  • トランス脂肪酸等の低減化に関する取組みについて

トランス脂肪酸等の低減化に関する取組みについて トランス脂肪酸等の低減化に関する取組みについて

消費者庁は、2011年2月に食品事業者が自主的にトランス脂肪酸を含む脂質に関する情報を開示する取り組みを進めるためのガイドラインとして「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」を公表し、2012年3月には內閣府食品安全委員會により「食品に含まれるトランス脂肪酸に関する食品健康影響評価(リスク評価)」が取りまとめられ、2015年5月には消費者委員會から「トランス脂肪酸に関する取りまとめ」が公表されています。標準的な日本の食生活では諸外國と比較してトランス脂肪酸の摂取量が少ない傾向にあり、日本においては、トランス脂肪酸の摂取による健康への影響は小さいと考えられます。しかしながら、脂肪の多い食品の食べ過ぎなど偏った食事をしている場合には、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸およびコレステロールの摂取量が多くなる可能性がありますので、脂肪の摂り過ぎに留意し、バランスのよい食事を摂ることが大切です。

弊社では、トランス脂肪酸に関しましては、お客様の関心が高いことから、現時點でのトランス脂肪酸、飽和脂肪酸およびコレステロールに関して入手できる情報をホームページでお伝えいたします。弊社では、2005年からトランス脂肪酸の低減化に向け検討を行っており、現在ではパン類の原材料油脂中のトランス脂肪酸は1/5から1/20まで低減化が図られています。
今後もおいしさを維持しながらトランス脂肪酸の低減化を進めると共に、安全?安心な製品をお屆けするため、科學的根拠に基づいた適切な情報を提供してまいります。

主要製品のトランス脂肪酸、飽和脂肪酸、コレステロール及び一般栄養成分の情報はこちらをご覧ください。

a片无限看- 无限在线观看免费