1. HOME
  2. 決算?IR情報
  3. コーポレート?ガバナンス

コーポレート?ガバナンス

基本的な考え方

當社は、21世紀の事業環境と社會の変化に対応するため、「企業経営を通じて社會の進展と文化の向上に寄與することを使命とし、自主獨立の協力體制を作り、もって使命達成に邁進する」という山崎製パン株式會社の「経営基本方針(綱領および具體方針)」を改めて高く掲げると同時に、これを補完するものとして、「日々、お取引先からご注文いただいた品は、どんな試練や困難に出會うことがあっても、良品廉価、顧客本位の精神でその品を製造し、お取引先を通してお客様に提供する」というヤマザキの精神に導かれ、科學的根拠の上に立った食品安全衛生管理體制の上に築き上げる科學的?合理的?効率的な事業経営手法として、生命の道の教えに従ったすべての仕事を種蒔きの仕事から開始する部門別製品施策?営業戦略、小委員會による「なぜなぜ改善」を実踐、実行、実証することで、新しい価値と新しい需要を創造し、社會の負託に応え社業を前進させることを21世紀のヤマザキの経営方針といたします。

事業経営の具體的遂行にあたっては、経営陣、管理職は、本物の5S?全員參加の5Sとピーター?ドラッカーの5つの質問を連動させる「2本立ての5S」を行うとともに、生命の道の教えに従った部門別製品施策?営業戦略をピーター?ドラッカーの5つの質問と連動させ、「私たちの使命は何ですか」(What is our mission?)と問うだけでなく、「私の使命は何ですか」(What is my mission?)と問い、生産部門?営業部門一體となった業務を推進するとともに、內部管理體制を充実?強化して、各部門毎の自主獨立の協力體制を構築いたします。また、「良品廉価?顧客本位の精神で品質と製品、サービスをもって世に問う」というヤマザキの精神と「知恵と知識によって変化に挑戦し、新しい価値と新しい需要を創造する」という生命の道を導く言葉によって日々の仕事の実踐、実行、実証に勵み、業績の著実な向上を期してまいります。

當社のコーポレートガバナンスの考え方は、山崎製パン株式會社の「経営基本方針(綱領および具體方針)」および21世紀のヤマザキの経営方針に則り、機動的で実行力のある経営陣が管理職?従業員と一體となって使命達成に邁進することができる、健全で適正かつ効率的な自主獨立の協力體制を整備?充実強化するとともに、コンプライアンスおよびリスク管理を含む內部統制システムの整備に取り組み、監査役會とも連攜しつつ、コーポレートガバナンスの充実強化をはかっていくことを基本方針としております。

コーポレート?ガバナンスの體制

當社は、監査役設置會社であります。當社は、法定の機関として、株主総會、取締役及び取締役會、監査役及び監査役會、會計監査人を設置しております。

業務執行につきましては、取締役會が法令及び定款に則って重要な業務執行を決定し、取締役が代表取締役社長の指揮?監督のもと、取締役會で定められた擔當及び職務の分擔に従い、職務を執行しております。また、當社は、職務執行體制の充実強化をはかるため、執行役員制度を採用し、本社の本部長及び主力工場の工場長など主要な職位にある者を執行役員に任命し、職務執行の責任と権限を付與しております。

職務執行に対する監視の仕組みといたしましては、取締役會が取締役及び執行役員の職務執行を監督するとともに、監査役が取締役及び執行役員の職務執行を監査しております。なお、當社の取締役15名中2名が社外取締役であり、監査役5名中3名が社外監査役であります。

取締役會は、原則として毎月1回の定例取締役會の他、必要により隨時、臨時取締役會を開催しております。また、當社は、任意の機関として社長?役付役員及び常勤監査役による常務會を設置し、取締役會付議事項を含む當社グループの重要事項について審議しております。なお、當社は代表取締役社長の諮問機関として「報酬検討委員會」を設置し、退職慰労金を含む役員報酬等の案を代表取締役社長に具申しております。

當社は、常勤監査役3名を含む監査役5名で監査役會を組織し、監査方針及び監査計畫に従い、取締役會などの重要會議に出席するとともに、代表取締役社長及び役付取締役と定期的に連絡會を開催して意見交換を行い、會計監査人、內部監査部門である監査室及び內部統制部門である內部統制特別委員會事務局等と連攜を取り、監査を実施しております。

企業統治の體制についての模式図は次のとおりであります。